インドアの世界に取り憑かれ気味な筆者が贈る、最高のインドアな過ごし方!!

カルチャー
スポンサードリンク

みなさんは、インドア派ですか?アウトドア派ですか?筆者は元々インドア派です。そうすると、アウトドア派の方に、インドアって何すんの?って聞かれます。そう、その答えは決まって1つ、「何もしない」んです。それがインドア派です!

ですが、最近は結構半々になってきました。筆者は何かを始める時、スタートを大事にするので、環境整備から始めます。この23年、あんなに汗を流すのが嫌いだったのに(運動部だったくせに)、トレーニングのために必要なものを一式揃え、断続的ではありますが、今でもランニング&ウォーキングをしてます。2月に地方ロケに出かけた際、登山をすることになったのですが、めっちゃキツイし腹痛は激しいし、最悪なコンディションだったんですが、ちゃんと装備してくればよかった!と思ったんです。めっちゃ楽しんでます。

そんな筆者は、今年の2月のロケ後からワードプレスを勉強して、4月にサイトを立ち上げましたが、その際にネットの世界にまんまと取り憑かれてしまったわけです。ですがこれは逆に、インドアを楽しめない方達には色々と遊び方をご紹介できるんじゃにかと思い、記事にすることにしました(結局何かするんかい)

まずは筆者がいかにインドアに取り憑かれたかをご紹介しますね!

月額制に加入してしまう

もう1番はこれにてを出した時点で取り憑かれてる訳です。加入したのはNetflix新日本プロレスワールドと2つの動画配信と、ジャンプ+に加入。Netflixでは最新のアニメも見逃し配信してたりしますし、昔のアニメやドラマもやってますよね。水曜どうでしょうGTO(98年版)は腐るほど見ました。新日本プロレスワールドは、最初は最新の大会などを見てたんですが、昔いた選手の名前を検索したら、え!この人と戦ってたの!?みたいな試合を数多く見つけ、新しい大会がなくても何かしら見てます。

この辺でやめておけばよかったんですが、ジャンプ+に加入してるので、コンビニにジャンプを買いに行く事すらなくなりました。昔はジャンプにポテチとコーラだったんですけどね()

ただし問題は、ジャンプ+で読んでる漫画がワンピース一択という事!昔は集英社が掲げる三原則「友情」「努力」「勝利」に因んだ漫画が非常に多く(幽☆遊☆白書、スラムダンク、ターちゃん、ドラゴンボール、ジョジョ、ラッキーマン、幕張、珍遊記、アウターゾーン等)、そうでなくても、なんかジャンプっぽさがある漫画が多かったんですが、いつの間にか恋愛ものや少しエッチな漫画が増えててビックリしました。「そうじゃない!戦ってくれ!」と思いながらワンピースを読んでるわけです。だから読んでる時間は一瞬で終わります。

拍車をかけるコンテンツたち

勿論他にyoutubeにも取り憑かれました。10年くらい前まではyoutubeマリリンマンソンさんの「the  beautiful people」のPVを見まくってる程度でしたが、今はチャンネル自体も増えましたし、公式チャンネルもあるので、テレビを見るのと同じ感覚で見てます。

ですが、動画配信サービスにはないもので、筆者の好きなものがあります。それが、ジブリです。小さい頃見てたって事がなくて、昔はむしろ興味なかったんです。ディズニーにも、アニメにも。ですから不思議な少年時代でした。が!今はジブリ作品が好きな時に楽しめる環境になってしまいました。そう、DVDを購入したんです。このおかげで、ちょっと時間があって、お風呂に入る気分じゃない時は、DVDを見てしまうんですね。ただし手がジッとしてられないので、漫画を描いたり執筆活動をしたりします。危うく防水のポータブルDVDプレイヤーを購入するところでした。

PS4を手に入れた

元々ゲーマーではありませんが(昔はゲーマーだと言ってたが、そういうとネットやゲーム用語で話してくる方がいるので名乗るのをやめました)、ゲーム自体は好きで、今でも家にゲームボーイ、スーパーファミコン、Nintendo64、ゲームキューブ、プレステ2、プレステ3が存在します。しかも全てまだ動きます。ですが、プレステ3を購入したのもずいぶん昔のお話でしたので、暫くゲームから離れてましたが、どうしてもフォートナイト、ノーマンズスカイ、地球防衛軍、スパイダーマンがやりたくて、去年、買っちゃいました。今では兄からマインクラフト、バイオハザードという最強の物資が届き、さらにGTA5もダウンロードされているため、抜け出せなくなりました。

真夏は外出れない

そう、本当はプールにも行きたいし海にも山にも行きたい筆者ですが、最近の真夏の殺人的猛暑で完全にノックアウトされております。特に去年の8月、初めて軽度の熱中症になりました。軽度なんですが、吐き気もめまいも止まらないんですね。そして代謝のいい筆者は汗を掻きまくるので、外にいるメリットがありません。一昨年に汗の匂いから脱却するため、タバコをやめ、豆乳を飲み始めました。すると今では体から変な匂いを発することはなくなりましたが、さらに代謝が良くなった気がします。もう1年中汗かいてます。そして筆者はO型なので蚊の襲撃に合います。家から出たくなくなります。

トラウマ=ロクなことないに変換されちゃう

過去に外で出くわした嫌なことをあげたらキリがないのですが、今でも印象的だったのは、

①雨の日にカッパを着て自転車乗って会社に向かってたら信号待ちで向こう側にいたスマホをいじってたおばさんが、信号変わったら一直線に筆者の方に来てよくわからないことを叫んで来たこと

②結構広い歩道で、街灯の少ない箇所を杖をついたおばあさんが歩いているが、人通るとその人に向かって小走りになって当たろうとするのを自分もやられた

③急に偉そうなラフな格好をしたおじいさんがキレてきた(多分道を聞いてる)

④歩道でチャリに轢かれそうになったのに逆に舌打ちされた(怪我なし)

⑤電車の中で酔っ払いのおじさんに絡まれた(しかも執着された)

等挙げればきりがないです。

別にもはや気にもしてないんですが、「こういうことが過去にあった=外に出るとロクなこと起きない」に変換されちゃって、結局なるべく人気のない道を選んだり、夜になってから外に出るんで、遊びに行くって感じじゃないんですよね。

多分地元に帰るとこんなこと絶対ないんで、東京に限ってのお話になるんですけどね!

だがしかし、東京は楽しめるところが盛り沢山というから地団駄モノです。なんてこった。

でもやっぱり外に出たい

筆者はyoutubeでも過去にお話ししてますが、春と秋が好きなんです。幸いにも筆者は花粉症ではないので、春はもれなく外に出て春を感じたいんですね。特に昔実家があった付近では、桜が満開で菜の花が咲き、風が少し暖かくて畑で使う馬糞の臭いがいやいや、色んな草花の匂いがミックスされて体が浄化されて行くような感覚になる訳です。そして時間がゆっくり進むんです。

秋は風が冷たくなってきた頃に窓を全開にして外の匂いを家の中に入れたいんです。

それで窓際の椅子に座ってコーヒー飲んでちょっと寝てちゃんと散歩に出ます!秋は短いからタイミングを逃すと秋を感じないまま冬になってしまうんです。

だからこそ家でゴロゴロせずに気を張ってようと心がけるんですが、最強のコンテンツという名の悪魔が玄関が開かないように溶接しちゃうんです。何てことだ。

昔はアウトドアとインドアの両立

随分昔ですが、昔はインドアと言えばLEGO、アウトドアと言えば川遊び、謎に学校の校庭に行く、山登り、テリトリー開拓でした(勿論子供時代ですよ)。夏に関しては、友達のお父さんに車を出してもらって川の上流付近の穴場スポットに行ってました。滝がある大きな川なんですが、足がつかないくらい深くて、死亡事故なんていうのもあったりして正直怖かったです。友達のお父さんは釣りを楽しんでました(今考えると危ない。釣りやってる横で人が泳いでたから)

でも本当にそれが楽しみでしたし、夏休み期間中はGTOの再放送がやってて、それを見た後河原で遊ぶんです。遊ぶといっても大したことはしませんがね。それでも遅くまで外で目一杯遊びまわって、たまに家にこもってLEGO。なぜ今はそれができなくなったんだ。

家を最強にする計画

自分の部屋は、大していい物件でもなければ、カスタマイズできてるとも言えません。

なぜかというと、まず物件は築年数が筆者と同い年です。古いんですが、リノベーションされてません。ですから至る所にガタがきてますし、どこからともなく虫が侵入します(今は害虫対策万全なので全く出てこない)。あと、部屋のコンセプトも決めていないので、ただものがあるだけです。ですからこれを、もう帰ってきたくなるような部屋にしてやろうと目論んでいたんですが、多分これは自分で自分にとどめをさすことになりそうなので、今はストップしてます。ソファや観葉植物も買おうとしてましたが欲求一覧から抹殺しました。

あれと似ている気がする

最近あまり聞きませんが、前にオアシズの大久保佳代子さんが、結婚前にペットを飼ったら終わりといってたことがあります。それと似ていて、アウトドアになりたいのになりきる前に部屋を最強化してはいけないんです。一通りアウトドアも楽しめるようになったらアウトドアグッズを綺麗に収納してメンテナンスを家でやるぐらいにするのがベストなのかもしれません。

この順番を間違えると、筆者はきっとこち亀の日暮ドラゴンボールのカリン様みたいになるでしょう。

インドアを楽しみたい方へ助言

ここまで読んで見ていかがでした?適度にインドアを楽しむなら、筆者ほど盛り沢山で色々できるようにしない方がいいと思います()ただし、好きなモノが部屋の中にないと、ただ寝に帰る場所になってしまうので、結局意味がないんです。スマホやタブレットの登場で、今は「移動中とかに済ませておこう!」みたいな感覚が当たり前になってきてますが、それは一旦忘れて、纏めて家でやるっていうのもいいのかもしれません。

結果

まぁ完全に筆者はインドア化してますよね()最近は買い物行くのもなぜか日が落ちてからなんです。おそらく夜型の生活になりかけているのではないかという疑いがあります。ただ、夜更かしもできない体なので、活動時間が非常に短いんですね。その中で数々の誘惑と戦いながらも、日々執筆作業をしております。どうか、こんな我に幸あれ!

カルチャー
食文化について考えてみる。

スポンサードリンク 最近Twitterで話題になったことがあります。それはテレビ番組の一幕の映像が貼 …

カルチャー
今年の夏も灼熱地獄!ただでさえ代謝のいい筆者が自身を守るために考えた冷却アイテム5選!

スポンサードリンク 筆者が代謝が良すぎるのは今までYouTubeなどで散々お話ししてますが、びっくり …